カラオケフェラ

おすすめサイトBEST5
出会い系で知り合った女友達と、カラオケに出かけたときのことでした。
本当に、そんな展開を望んでいたわけではなかったため、ひたすら驚かされました。
欲求不満の自分を見て、彼女がフェラをやってくれたのです。
ただの女友達だったのに、カラオケフェラで大いに盛り上がってしまいました。

 出会い系で、友達として知り合ったのは、5歳年下の25歳。
看護師をやっている瑠菜ちゃんです。
リア友も少ない自分にとって、もちろん女友達は貴重です。
ネットで知り合って、たまに食事に行ったりカラオケ行ったりする関係は作っていました。

 カラオケの誘いがあり、丁度暇を持て余していた状態でしたから、瑠菜ちゃんと時間を共有することにしました。
「良かった、今日は相手が誰もいなくてさ、芳樹くん(自分)がいて、助かっちゃった」
とても魅力的な笑顔で言われ照れてしまいました。
魅力的な看護師さんに、心はメロメロ。
ただし、女友達という関係。
高望みをすることだけはしていませんでした。

 カラオケって、女の子と2人だけの密室になれるところも、何となく高揚感を感じてしまうものです。
彼女いない自分にとって、これも貴重な時間でした。
カラオケ休憩中「彼女いないの?」なんて聞いてくるのですから。
「出会いがなくて、フリー」
「それじゃ欲求不満じゃないの」
「え・・ま、まぁね」
「ふふっ、フェラだけやってあげようか?」
唐突でした。
カラオケフェラをやってあげる、そう言い出すのですから。
いきなりズボンの上から触りだして「溜まっていそう」と。
「う、うん・・」
「遠慮しなくてもいいよ」
「う、うん・・」
彼女は仕事で慣れているように、ズボンとパンツを下げ出してくれたのです。
そして、手コキからスタート。
不満なチンコは一気に硬直。
その手コキだけでも大満足。
瑠菜ちゃんがしゃぶり出してくれると、口の中の温かさに心がとろけて行く感じでした。
彼女の髪を撫でながら、しゃぶり続けられる。
この世の最高の幸せと快楽を味わえた瞬間でもありました。
瑠菜ちゃんの口の中に、大量に放出していきました。

 爾来、瑠菜ちゃんとカラオケに行くたびに、カラオケフェラをやってくれるのです。
今度思い切って、本番をお願いしてみようかなって思っているんです。
瑠菜ちゃんなら、断らないって自信がちょっとあったりして。
お金あげます
無償支援掲示板
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。